ABOUT JOB仕事紹介

ッポン放送って、
こんな仕事してます!
(2018年2月1日 現在)

編成の仕事
一言で言うなら、「どうしたらニッポン放送を聴いてもらえるか」ということを日々考えて実行する仕事、です。ニッポン放送のすべてを把握し、放送全体をコントロールし、世の中にどんどん話題を発信して、ニッポン放送を多くの人に広めていく“マネージャー”的な役目を担っています。
番組制作の仕事
パーソナリティと打合せをする、放送作家と一緒に構成・演出を考える、ゲストのブッキングをする、番組の進行表(キューシートと言います)を作成する・・・その番組を放送する“責任者”です。担当する番組によっては、最終的にまとめて方向性を出す“プロデューサー”的な役割も担います。
スポーツの仕事
看板番組である「ショウアップナイター」を始め、ニッポン放送でオンエアされるスポーツコンテンツの全てを制作しています。野球・サッカー・競馬の中継にとどまらず、マラソンやラグビー、アスリートのトーク番組など、数多くのコンテンツを手掛けています。
報道の仕事
国会、司法、警察などの現場にて、日々のニュースの取材をおこないます。時には、事件や事故の発生場所に出向いての中継リポートをすることもあります。ニッポン放送で流れるニュースの原稿作成やインタビュー音声等の編集、さらには報道特別番組の制作も、報道の仕事です。
外勤営業の仕事
ニッポン放送は、民放ラジオ局です。外勤営業の仕事は、各企業や広告代理店に、メーカーでいうところの“自社製品”である【番組】や【CM枠】を販売することです。クライアントの商品やサービスがより多くの人々に伝わるようCMや番組、デジタルメディア、イベントなどで様々な仕掛けを作る「プロデューサー」的な役割も担います。
内勤営業の仕事
外勤営業のサポート業務全般に携わり、また、社内との調整窓口でもあります。クライアントの希望とリスナーの希望をコネクトする重要な役目を担っています。番組発のオリジナル商品の開発、調査資料やセールスシートの作成、イベントの実施、SNSによる情報発信、CMの企画制作、管理などフィールドは多岐にわたります。
ネットワークの仕事
「オールナイトニッポン」やナイター中継など、日本中の放送局で、ニッポン放送の番組が聴けるのは、ネットワークのおかげです。また、ローカルのラジオ番組をニッポン放送で聴くこともできますし、番組だけではなく、CMもとりまとめています。言わば、全国のAMラジオ局の“ハブ”的存在です。
イベントの仕事
コンサートや演劇といったステージものから、試写会や各種イベント、物販まで、「エンターテインメント」と称される、多くのコンテンツを扱っています。 “プロデューサー”としてコンテンツの企画・運営を担当します。
デジタルの仕事

「ITスマートメディアカンパニー」の中核を担うセクションです。
ラジオ番組・イベントなどニッポン放送が企画運営するコンテンツを、デジタル・SNS等を駆使してより多くの人に拡げたり、「オールナイトニッポンTV」などTV番組の制作から、「オールナイトニッポンi」など動画・インターネットラジオなどデジタル独自のオリジナルコンテンツ制作・プロデュースまで新たなコンテンツビジネスの創造を行っています。現在、「ニッポン放送」「allnightnippon.com」「ショウアップナイター」の主要3サイトをオウンドメディア化し、単なる番組ホームページではない「Webメディア」として運営し、月間PV数は2500万を超えています。スマートスピーカーなど新しいデジタルデバイスとのコンテンツ連携にも積極的に取り組んでいます。
新規ビジネスの仕事
社内選抜メンバーで構成される委員会を組織・運営、アイディアを集約し新規ビジネスを手掛けています。昨年は新宿・歌舞伎町にオープンした「東京ミステリーサーカス」にも出資を実施。リアル脱出ゲームで人気のSCRAPと共に、新たなコンテンツビジネスの可能性を模索しています。
技術の仕事
AMラジオに加え、FM、radiko等の安定送出を司っています。番組やCMが間違いなく送出されているかを監視する主調整室(マスター)業務、中継現場で音声ミキシングや回線管理をおこなう中継業務、送信所・スタジオ機材・中継機材の整備業務が主な仕事です。