INTERVIEW社員紹介

瀧嶋 拓也- TAKUYA TAKISHIMA -

2017年入社 / 入社2年目 営業1部 営業促進部→営業2部→営業1部

現在の仕事内容は?

ニッポン放送の番組内で流れているCM枠や、コーナー枠、番組枠などをスポンサーに販売することが業務の中心です。スポンサーのキャンペーンや訴求目的を取材し、企画を考え、提案を行います。企画が決定した際には、CM収録、番組制作に向けた社内交渉をして、実際の放送で流れるまで打合せや資料作成を行います。外勤営業という立場では、ラジオ番組の制作に携わることができないと思われがちですが、スポンサーニーズに応えながら、オリジナルの番組やイベントを作ることが可能なセクションです。

ある1日のタイムスケジュール

08:30
出社
08:45
営業1部ミーティング
09:30
メール対応
10:30
広告会社にて打ち合わせ
11:30
スポンサーに企画提案
13:30
スポンサーと番組内容打ち合わせ
15:00
広告会社にて情報取材
16:00
帰社、電話対応
17:00
企画書作成、社内アイデア共有
18:30
メール対応
19:30
会社の方と食事へ
21:30
帰宅、1日の営業活動振り返り

スケジュール管理しているモノ

スマホ、PCからネットでスケジュール管理。 あわせて、肌身離さず持ち運べるポケットタイプの手帳も活用。
毎日多くのスケジュールが入るので、手軽に入力できるネット管理をメインにしていますが、ダブルチェックを行うため、また1日の営業活動を振り返るため手帳にも記入しています。
消せるボールペンを使い、急なスケジュール変更を反映し、to DOリストも作成しています。

いちばん心に残っているできごとは何ですか?

営業マンとして初めての新規決定(初荷)を挙げた瞬間です。
入社以降、なかなか自分の力で仕事を決めることができず、常に悩みもがき、厳しい言葉を浴びながらも、営業活動に励んでいた中で、あるスポンサー担当者様から「瀧嶋君の頑張りを見てます。今回のご提案は“実施”でよろしくお願いします。」と一通のメールが。今でも忘れられないその瞬間、私は上司や先輩方の前で思わず涙を流してしまいました。
長く続いたしんどい時間が、一気に吹っ飛ぶような、何にも代えがたい幸せな瞬間でした。その方は現在別部署に異動なさってしまったのですが、今でも時折ご連絡をさせていただいております。
様々な方とご縁を築くことができる、この仕事の醍醐味を感じた瞬間が一番心に残っています。

休みの日はどのように過ごしていますか?

休日はリフレッシュをするために、学生時代やっていたラグビーを社会人チームでプレーしています。カラダを張って全力でラグビーする時間は、平日溜まったストレスを発散するためにはとても貴重です。笑
特に2年目になってからは、ゴルフにも力を入れるようになりました。週末に都心を離れて自然の中でのびのびとゴルフを楽しんでいると、「社会人っぽい良き休日を過ごしているな~」と感じます。とはいえまだまだスコアは伸びず…、仕事同様に(?)ゴルフも頑張りたいと思います。

ニッポン放送ってどんな会社ですか?

やりたいことを”何でもできる可能性”を秘めている会社です。
ニッポン放送という看板を背負って働くことは、
ポジティブに捉えれば、色んな人に出会い、数多くの経験を通じて世の中に影響を与える仕事ができる一方で、ネガティブな一面としては、大きな責任とプレッシャーの下で働かなければならない。
ポジティブな一面を最大限に活かして、全力で働きたい方にはぴったりな会社かなと思います!
(私もまだまだ努力を重ねて、成長しなければと痛感しております…)

ニッポン放送を志望するあなたへ
メッセージ

仕事の醍醐味は、多くの企業や団体、広告代理店の方と一緒に仕事ができることです。
ニッポン放送の番組、パーソナリティ、イベント、デジタルを最大限に活用し、企画を考え、
実施に至るまでに、社内外問わず多くの方と関わりながら進めていきます。
外勤営業で得た人脈は、きっと生涯にわたる財産になると思います。
また、ニッポン放送には色んなセクションがあり、多岐に渡る経験を積むことができます。
簡単には関わることのできない方々とも出会うチャンスがあります。
ラジオの聴かれ方やニッポン放送のコンテンツは日々進化を遂げています。
これからのニッポン放送を一緒に作り上げましょう!

前へ interview一覧へ 次へ